石狩花紀行***安藤牧子植物画 時々日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006年のカレンダーの秘密

<<   作成日時 : 2017/02/01 14:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

月日の流れは早いもので、
今日からはもう2月。

今年は私のカレンダーがなく、
いただいた年賀状にはほとんどの方が寂しい……と

その中で宇都宮に住む光子さんと教室の浦島さんが
教えてくれました。

「2006年のカレンダーが使えますよ」と。

11年前のものですが、私も出して使っています(*^^*)

画像

1月1日から12月31日まで全て曜日はあっています。

ただ六曜と二十四節季は違いますのでお気をつけください。
六曜…大安、友引など
二十四節季…七草、大寒など

画像</div

画像


そうそう、自己流だけど絵手紙のページもありました(*^^*)
画像


最近になって休日が増えたものはご注意くださいね。
教えてくださった方ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
実は私も以前のカレンダーで曜日が同じのを探しました。ところが私が先生のカレンダーを買い始めたのが2007年でした。2007年のカレンダーの表紙のリースに一目ぼれでした。残念。今年は以前のカレンダーの前の方のページ、月日が入ってないのを飾りっています。まさにボタニカルアートとして楽しんでいます。気にいったカレンダーを探すのは結構難しいと実感でした。
たまどこ
2017/02/07 17:25
たまどこさん 書き込みありがとうございます。カレンダー大切に思ってくださって嬉しい 私はメモが必要なダイニングのカレンダーは頂き物です。その上に今までのカレンダーの絵だけ(額装用シートとして作ったもの)を貼って掛けています。今度お見せしますね。

牧子
2017/02/08 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006年のカレンダーの秘密 石狩花紀行***安藤牧子植物画 時々日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる